年齢肌にならない為の、「肌ケア改善法」3つ

年齢肌にならない為の、「肌ケア改善法」3つ

自分が気づかないうちに、肌のケアの手抜きをしていませんか。
肌のお手入れ方法により、肌のくすみやたるみは改善できます。

 

年齢肌にならない為の、「肌ケア改善法」を3つ紹介します。

 

 

メイク落としを十分にする事

 

昼間、メイクをして、夜疲れてそのまま眠ってしまうという人もいると思います。
若いうちは、それでも翌朝きちんと洗顔すれば、肌へのダメージは比較的少ないです。
ただ、年齢を重ねるにつれ、この肌ダメージは残りやすくなります。

 

 

つまり、「メイクを落とさずに寝る=シミ、そばかすの原因となる」と考えて良いです。
メイク落としは毎日必ずやっているから大丈夫、という方も、もう一度洗顔方法を見直してみましょう。
メイク汚れが残っていると、肌のシミやシワの原因となります。

 

 

外出前のメイクは、美しくありたいとしっかりメイクをするはずです。
それと同じ程度に、しっかりとメイク落としもする必要があります。

 

 

疲れて帰宅した後には気が抜けて、クレンジングは手抜きしがちです。
しかし、メイク落としが美肌を保つ重要なカギとなりますので、疲れていても、クレンジングは十分にしましょう。
可能であれば、ダブル洗顔をした方が良いです。

 

 

もちろん、メイク落とし後の乳液やジェルでの保湿ケアも十分行いましょう。

 

 

首の周囲もよくマッサージをする事

 

 

よく、「年齢を一番感じさせるのは首」と言います。
首のしわは、女性を老けて見えさせる原因の一つです。
あごから首にかけては、どうしてもたるみやシワが増えてくるもの。

 

この部位は、毎日マッサージをしてたるみ解消しましょう。

 

マッサージ方法は、鎖骨からあごにかけて、下から上へ向けて手のひらで撫でるようにマッサージするのが基本です。
力を入れすぎないように、手のひらの一番柔らかい部分で優しくマッサージしましょう。

 

のどぼとけからあごの先にかけては重点的にマッサージして下さい。

 

あごの裏側に、肌のたるみを改善するツボがあります。
ここを軽く押さえるようにすると、顔の肌全体がたるむのを抑制する効果があります。

 

睡眠を十分取る事

 

睡眠不足と自覚していなくても、眠りは年と共に浅くなるものです。
また、子供がいたり、会社があったりする女性は、朝早く起きなくてはいけない人もいるはずです。

 

 

美肌の為には、10時までには眠りにつくのが理想です。
最低でも、夜中の12時までには床に就きましょう。

 

 

肌は寝ている間に、前日受けた肌ダメージから回復しています。
ですので、肌ケアには十分な睡眠が必要不可欠なのです。

 

 

熟睡感が得られない人は、睡眠環境を整える事も必要です。
朝には、すっきりと目覚められるように心がけましょう。