ニキビ肌徹底攻略ナビゲーション

ニキビ肌徹底攻略ナビゲーション

男女問わず肌の悩みはありますが、幅広い年代が悩むのがにきびですよね。
ニキビ肌徹底攻略ナビゲーションではそのにきびが出来ない肌にする為にどうしたらいいか紹介します。

 

まずにきびとは簡単に言ってしまうと毛穴が詰まった状態です。
毛穴に皮脂や汚れがつまり、肌が炎症をおこしている状態なのです。

 

 

なぜつまるのかはいろいろな原因がありますが、思春期ならばホルモンバランスの崩れだったり、ストレスやメイクや肌の汚れが溜まってしまったりと年代や生活習慣によってバラバラです。
そんなにきびにどう対抗したらいいかというと、まず第一は肌を清潔にすること。

 

 

肌の油分が多く毛穴が詰まることがほとんどですので、朝、夜きちんと洗顔をすることが大切です。
汚れを落としたいからといって顔を強くこすったりゴシゴシしてはいけません。

 

 

モコモコにした泡でその泡をスポンジにするように優しく汚れを落とすのが大切です。
洗顔後はしっかり化粧水等で水分を補給します。
油分が多いからといって保湿を怠ってはいけません。

 

 

綺麗に優しく洗った後、しっかり保湿。これを心掛けて朝晩の洗顔をしましょう。

 

夜にしっかり洗顔とスキンケアをして清潔にしても、意外とあまり気にしていない盲点なのが「枕」です。

 

1日の4分の1睡眠時間がとれる方もいたり数時間の睡眠時間で生活している方もいたり時間はまちまちですが、寝ている時の枕は寝返りをうったりすると必ず肌に触れます。
真っすぐ寝たまま全く動かない方はなかなか少ないと思うので、毎晩寝ている無意識のうちに枕にはかなりの回数触れているのです。

 

 

枕のカバーはいつ交換しましたか?

 

 

とはいっても毎日かえるのは大変です。洗い替えも買わないといけないし、仕事をしていたら毎日枕カバーだけ洗えないですよね。
そんな時は枕にタオルや清潔なものをかぶせて寝てください。タオルなら沢山ありますし、洗いやすいです。

 

枕カバーを頻繁に変えず左ばかり向いて寝ていた人が長年左側だけにきびに悩まされていたりします。
せっかく肌を清潔にしたのなら、その後触れるものにも気をつけましょう。

 

 

消毒液と薬、そしてベビーオイルでニキビも怖くない!

 

 

ニキビに悩む人は多いと思います。私のそのうちの一人ですが、その中で自分で試したニキビ対策をお話しします。

 

私は「ニキビを防ぐ」と銘打った洗顔料を使ったこともありますが、特に効いたと思ったことはありませんでした。それ以降は自分なりに対策をしています。私は排卵・生理の時には必ずと言って良いほどニキビができ、その分ニキビ跡にも悩みました。特に口周りにできてしまったので、化粧をしてもうまく隠すことができず、大変でした。

 

まずニキビができたら、その上から消毒をして塗り薬を塗っていました。特にニキビ専用の薬ではなく、私はイソジンとメンタムを使っています。消毒液もしっかり浸透していくため、治りが少なからず早くなります。もちろん朝、顔に何かを塗るというわけにはいきませんが、夜寝る前にこれをするだけでも違います。また、ニキビをどれだけ潰さないように気を付けていても、シャワーを浴びた時や顔を洗った時、あるいは寝ている間にうっかり潰してしまうこともあるため、寝る前に消毒することは非常に有益です。寝ている間にうっかり潰れてしまっても、夜寝る前に消毒してあるため、そこまでのダメージにはなりません。ただ、その分朝はしっかり洗顔をして、消毒液を落とす必要があります。

 

ニキビが治ったら、今度はニキビ跡に悩まされる人もいるかと思います。ニキビ跡にはベビーオイルを塗ると1週間ほどで消えていきます。即効性はないため、翌日の朝は肌がきれいになっていた!なんていうことはありません。しかし確実にきれいになります。これも夜、寝る前にしておきましょう。ベビーオイルならあまり目に入らないから昼間でも良いような気もしますが、仮にもオイルなので、日に当たると日焼けしてしまう原因になり兼ねません。また、寝ている間は肌が乾燥するため、それを防ぐためにも役に立ちます。しかしこの場合も、朝はしっかりと洗顔をしてベビーオイルを落とす必要があります。

 

 

メルラインの口コミ600件分析した結果…ニキビへの効果